普段は、会社勤務なので確定申告の申告義務はないのですが、昨年相続した実家の不動産が売却出来ましたので、譲渡所得の申告をするために、税務署に確定申告に行きました。

2月と3月に1回づつ日曜日が終日税務署の開く日が有りましたので、その日を利用して、申告をしに行きました。

朝、開門前から並んで順番待ちをして、やっと相談に乗ってもらえると思ったら、申告内容が譲渡所得だったので再度、別の場所に並び直して、やっと係の人に相談にのってもらう事が出来ました。

まず税金の減額方法として、3000万円控除を使う方法か、来年新築の不動産を購入予定なので、その差引で税額を決定する方法か、どちらが得か計算してもらった所、3000万円控除を利用する方がお得でしたので、そちらで計算を進めてもらいました。

その時の資料として、売却済みの家の購入時の契約代金やリフォーム代、その他もろもろ、沢山の資料の原本が必要でしたので、あらかじめ、電話で持参資料を聞いておいて良かったと思いました。

何とか、確定申告も無事終了しましたが、今年いっぱいは、税務署の再調査で、追加課税されるかもしれませんのでその準備はしておいて下さいと言われました。

年金のみの確定申告は自営業の人と比べて楽です

確定申告の時期になると自営業の人は確定申告を税理士に依頼している場合が多いでしょう。しかし、確定申告をしなければならない人でも年金生活者の申告はいたって簡単です。

手書き用の書類でも、ネットの作成コーナーを利用しての作成でも、手順に沿って、記載または入力すれば、すぐに出来上がります。厚生年金と企業年金などであったり、アルバイトをされている方なら、プラスでその会社からの収入を記載し、その収入ですでに源泉徴収されている税金を記入します。

後は、減税対象となる特別扶養減税、社会保険、個人で加入の生命保険や地震保険などを記載またはインプットすれば、後はネット作成コーナーなら自動的に、払い込みまたは還付の金額が表示されます。

手書きでの作成でも、上記の内容を記載すれば、後は記載した枠内の数字を解説に従って簡単に計算するだけです。

私はネットで国税庁のHPから作成コーナーに入り、作成し、それをアウトプットして所定の税務署に提出し、控えの書類に受付印を貰うようにしています。

ネットでのデータ提出や、郵送でも可能ですが、心配性の私は、何か手違いがあれば証拠が残らないと思い、そうしています。

税務署に提出に出かけると、税務署で指導を受けながら作成する人の大行列ができていますが、年金収入だけの人なら、本当に簡単で、ぜひ自分で記載して挑戦して見られる事をお勧めします。