事務の仕事をしているので、年賀状は毎年恒例の仕事でした。毎年書いては届かなかった年賀状宛名を削除して、また新たに追加した宛名を足しての作業を毎年繰り返します。

ある時、お客様から「お願いですから年賀状を届かないようにしてください。」とお知らせがきました。

その方は数年前にご主人を亡くされて、ご連絡もなかったので、毎年こちらは年賀状宛名書きをして出し続けていました。

「年賀状を頂くとさみしくなります。」とお話頂き、知らず知らずのうちにお客様に失礼なことをしていたなと心に残るショックを受けました。

販売業なので、売り出しの際に売り上げが無い場合は、もしかして亡くなられている場合があることに気付かされました。

年賀状を作成するのも、ただ単に作って送れば良いという物ではなく「今年もよろしくお願いします。」という言葉を伝えるものとして、失礼のない年賀状を作成し言葉を伝える方法として利用していきたいなと考えるようになりました。

手軽に伝えることができる年賀状ですが、新年を迎えられることに感謝し、また今年も年賀状を作成したいなと思います。

年賀状の宛名書きは手書きをしています

毎年、年賀状を作っていますが、印刷はプリンター済ませているので、私はデザインを考えるだけです。

毎年この季節になると、そろそろ数を調整しようかと思うのです。というのも、年に一回だけの挨拶ですが、表の住所も印刷、裏も印刷と、手書きの文字が一字もない人からの年賀状が来ると違和感を感じてしまいます。

私は印刷を自分でしますが、表書きは筆ペンを使って丁寧に住所を書きますし、裏にもコメントを一言二言は書くようにしています。年に一度ならこれ位しないとマナー違反かなと思うので、必ず手書きで宛名書きをするようにしています。

社会人時代は年賀状の枚数も多くなりましたが、自営業になると以前程お付き合いの範囲は広がりません。友人の何人かはお年始の挨拶にメールをくれます。集中している時間帯を考慮してくれるので、そんな心遣いも嬉しいです。

年賀状は久しぶりに知る近況報告としてはとてもいい物ですが、そこにも一つ心配りというのがほしいなと思いますね。