筆耕という仕事はそれほど多くありませんが、百貨店の中で筆耕担当として働いている人がいたのを知っています。

百貨店といえばお中元やお歳暮など贈り物やギフトで、のし体裁で筆文字の宛名などを書くことも多いことから代筆で筆耕担当の方がサービスで書いていました。

筆耕だけの担当の方もいましたが売場の販売員の方でも筆耕としてそれらの仕事をしていることもありました。また、それ以外では売りだしのPOPなども筆耕の方が担当することもありました。

最近の売場ではPOPなどはパソコンで作ってプリンターで打ち出すことが多くなっていますが、それでも手書きの力強さや勢いというのがあるので筆耕の需要というのはあるのだと思います。

パソコンのフォントでも筆文字がありますが、どうしても活字の印刷の文字という感じがして動きというかライブ感がないように思います。

パソコンだと一度にたくさんの印刷ができますが筆耕の文字は人が書くので分量も限られていますし、墨がすぐに乾かないというデメリットもありますが、筆耕の文字のほうがいいと感じている人も多くいます。

特技を活かした職業として筆耕というのは魅力ある仕事の一つといえるかもしれません。